行政書士試験合格に必要な勉強時間は?

行政書士試験に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要とされているのでしょうか?
今回は、行政書士試験合格に必要な勉強時間についてまとめてみました。

<合格に必要とされる勉強時間は1000時間?>
行政書士試験に合格するために必要な勉強時間は一般的に1000時間が標準といわれています。
これは、1年前から行政書士試験の勉強をはじめるとすると、毎日2時間から3時間の勉強時間が必要になる計算です。
時間に余裕がある人ならともかく、会社勤めのサラリーマンや忙しい主婦にとって毎日2時間から3時間の勉強時間を確保することは容易ではありません。
それゆえに、行政書士試験に合格するまでに数年かかる人も珍しくないのです。
>>行政書士試験の難易度とは?

<1カ月数時間の勉強で合格はあり得ない>
よくネットなどで、
「1カ月数時間の勉強で行政書士試験に合格しました!」
と自慢している人を見かけますが、司法試験合格を目指して勉強をしている人や法律についてそれなりの知識がある人でもない限りあり得ないことです。
行政書士試験は、民法や行政法など試験科目が多く、出題範囲も広範囲に及ぶため、短期間、短時間で合格するだけの力をつけることは不可能でしょう。
>>行政書士に合格する条件は?

<合格に必要な勉強時間は個人差がある>
行政書士試験合格に必要な勉強時間は1000時間ですが、これはあくまで目安にすぎません。
大学で法律を学んだりしてある程度の知識がある人なら、300時間程の勉強時間で合格することも可能かも知れません。
しかし、法律に関してまったく知識がない人がはじめて行政書士試験にチャレンジする場合は、1000時間の勉強時間で行政書士試験に合格するのは厳しいでしょう。
場合によっては、2000時間から3000時間の勉強時間を必要とする場合もあるのです。