産業能率大学の行政書士通信講座の特徴

難関の行政書士試験に合格するためには、資格取得を目的としたスクールで学んだり、通信講座を受講する勉強方法も効果的です。
しかし、資格スクールも通信講座もたくさんあって、どこにすればよいのか分からなかったり、迷ってしまうことも少なくありません。
自分に合ったスクールや通信講座を見つけるためには、スクールや通信講座の特徴などを比較するといいでしょう。
今回は、産業能率大学の行政書士通信講座の特徴についてご紹介します。

<シンプルで的を絞った講座>
産業能率大学の行政書士通信講座は、他の通信講座と比較するとシンプルで無駄がなく、的を絞った内容といえます。
出題範囲が広範囲に及ぶ行政書士試験は、いかに的を絞って効率的に勉強することができるかが、合格の大きなポイントになります。
分厚い行政書士試験のテキストや問題集を前にやる気が失せてしまうことも少なくありません。しかし、産業能率大学の行政書士講座で使用するテキストや問題集は薄めでありながら、重要な項目がコンパクトにまとめられているため、モチベーションを維持しながら学習を続けることができます。

<使用する教材にはTACの教材も>
産業能率大学の行政書士通信講座は、行政書士試験の合格者を多く輩出していることで有名な資格専門スクールTACの監修を受け、教材の一部にTACの教材を使用しています。
TACの教材と産業能率大学のオリジナル教材を効果的に使用し、問題演習を繰り返すことで、学習の流れを定着させ、合格に必要な力を養います。

<行政書士模擬試験5回分付き>
産業能率大学の行政書士通信講座には、行政書士本試験と同じ形式で行う模擬試験が5回ついています。他の通信講座と比較しても、模擬試験が5回も受けられる行政書士通信講座はなかなかありません。
5回の模擬試験は学習の到達度を把握し、自分の実力を確認する上では非常に重要です。