行政書士の求人は少ない?

<行政書士の求人は少ない?>
人気資格の1つである行政書士。
「行政書士の資格を取得すれば、求人もたくさんあるだろうし、就職や転職に有利になるはず!」
と、このように考えている方も少なくないでしょう。
しかし残念ながら、行政書士の求人はみなさんが思っているほど多くはありません。
ハローワークなどで、行政書士の求人を探してみても求人件数ゼロということも珍しくありません。
なぜ行政書士の求人が少ないのかというと、行政書士は基本的に個人で事務所を開いて、そこで業務を行うものだからなのです。

<実務経験を積みたい場合は>
「行政書士の資格は取得したけれど、いきなり独立開業するのは不安だから、行政書士事務所で実務経験を積みたい。」
と思う場合は、ハローワークなどで行政書士事務所の求人を探すより、同じ地域の開業している先輩行政書士に実務経験を積ませてもらえるよう、お願いしてみる方がいいかも知れません。
運よく、行政書士事務所で実務経験を積ませてもらうことができても、いずれは独立開業することになります。

<最近の行政書士求人>
最近は、インターネットの求人検索サイトなどで行政書士の求人を見つけることができるようになっています。
個人経営の行政書士事務所からの求人は相変わらず少ないのですが、法人の行政書士事務所などでは、行政書士資格者を募集する求人があります。業務内容は、許認可申請や文書作成などが中心です。
また、行政書士事務所からの求人の他にも、行政書士資格取得を目的とした予備校からの求人や調査会社や保険会社などからの求人も増えている傾向にあります。

産業能率大学の行政書士通信講座の特徴

難関の行政書士試験に合格するためには、資格取得を目的としたスクールで学んだり、通信講座を受講する勉強方法も効果的です。
しかし、資格スクールも通信講座もたくさんあって、どこにすればよいのか分からなかったり、迷ってしまうことも少なくありません。
自分に合ったスクールや通信講座を見つけるためには、スクールや通信講座の特徴などを比較するといいでしょう。
今回は、産業能率大学の行政書士通信講座の特徴についてご紹介します。

<シンプルで的を絞った講座>
産業能率大学の行政書士通信講座は、他の通信講座と比較するとシンプルで無駄がなく、的を絞った内容といえます。
出題範囲が広範囲に及ぶ行政書士試験は、いかに的を絞って効率的に勉強することができるかが、合格の大きなポイントになります。
分厚い行政書士試験のテキストや問題集を前にやる気が失せてしまうことも少なくありません。しかし、産業能率大学の行政書士講座で使用するテキストや問題集は薄めでありながら、重要な項目がコンパクトにまとめられているため、モチベーションを維持しながら学習を続けることができます。

<使用する教材にはTACの教材も>
産業能率大学の行政書士通信講座は、行政書士試験の合格者を多く輩出していることで有名な資格専門スクールTACの監修を受け、教材の一部にTACの教材を使用しています。
TACの教材と産業能率大学のオリジナル教材を効果的に使用し、問題演習を繰り返すことで、学習の流れを定着させ、合格に必要な力を養います。

<行政書士模擬試験5回分付き>
産業能率大学の行政書士通信講座には、行政書士本試験と同じ形式で行う模擬試験が5回ついています。他の通信講座と比較しても、模擬試験が5回も受けられる行政書士通信講座はなかなかありません。
5回の模擬試験は学習の到達度を把握し、自分の実力を確認する上では非常に重要です。

大栄の行政書士講座について

行政書士試験は、試験科目数が多い上に出題範囲が広いことで有名です。
加えて、近年の行政書士試験は難化傾向にあり、多くの受験生が苦戦しています。
難関の行政書士試験に合格するためは、的を絞った効率的な学習が必要です。
今回は、的を絞った効率的な学習ができることで定評がある、大栄教育システム(通称、大栄)の行政書士講座についてご紹介しましょう。

<社会人の資格取得をサポートする大栄>
大栄には、行政書士や司法書士などの法律系資格の他にも会計・経営系、ビジネス系、医療・福祉系など様々な資格取得を目的とした講座が開設されています。
他のスクールと比較すると大栄は、働きながら資格取得を目指す社会人をサポートするのスクールといった特徴が明確にあらわれています。

<短期合格を可能とするカリキュラム>
大栄の行政書士講座は、働きながら行政書士の資格取得を目指す社会人を対象としていることもあり、的を絞った効率的な学習カリキュラム内容で短期間で合格に必要な実力をつけることが十分可能となっています。
法律に不慣れの初心者でも安心して学べる「初心者コース」、行政書士試験合格に必要な知識を基礎から学び、実力を養成する「行政書士本科講座」、行政書士試験の過去問を確実に解けるようにすることと予想問題を繰り返し解く「行政書士答練講座」の3つの講座があり、いずれも標準的な受講期間は5カ月です。

<学び方は3通り>
大栄の行政書士講座は、他のスクールと比較すると学び方のスタイルが多いことも特徴です。
決まった日時にスクールで講義を受ける「ライブ講義」と、仕事などの都合で決まった日時にスクールに来ることができない人に配慮した予約制の「オンデマンドコース」、スクールに通うことができない人が自宅で学ぶ「通信講座」の3つの学び方を選ぶことができます。

LEC行政書士講座の特徴について

行政書士試験合格を目指して勉強をしている方なら、LECという名を一度は聞いたり見たりしたことがあるのではないでしょうか。
LECは、正式名称を「東京リーガルマインド」といい、行政書士をはじめ司法書士や弁理士など難関といわれている国家資格試験合格を目指す資格スクールとして有名です。
今回は、LECの行政書士講座の特徴についてまとめてみました。

(1)高い合格実績
行政書士試験合格者全体の約40%以上がLECの受講者が占めています。年によっては、50%を超えたこともあります。
このようにLECは他のスクールと比較しても、行政書士試験の合格実績が非常に高いということが分かります。

(2)学力に応じて選べる講座
LECの行政書士講座は、自分の学力の達成度に応じて選ぶことができます。
基礎からしっかり学びたい人や法律の知識がまったくない初学者におすすめの「初級者向け講座」、比較的法律に関する知識がある人や行政書士試験経験者を対象とした「中上級者向け講座」の大きく2つの種類の講座があります。
また、LECには行政書士試験の受験生から定評のあるプロの人気講師が多数在籍していることも特徴の1つといえるでしょう。

(3)こだわりのオリジナル教材
書店などに並ぶ行政書士試験対策用のテキストや問題集などは、LECから出版されているものも多くあります。
このため、LECの行政書士講座で使用するテキストや問題集などのオリジナル教材は、他のスクールと比較すると、試験に出題されるポイントを絞り、難解な法令でも短時間で理解することができる工夫が随所にされた内容となっています。
受講する講座によっても使用する教材は異なり、はじめて行政書士試験にチャレンジする人でもスムーズに勉強がはじめられ内容になっています。